令和3年度12月定例会

皆さんこんにちは。岡崎市議会議員 原のりひこです。

11月の臨時会で議会人事が決まり、議長に同じ会派(民政クラブ)の加藤学(かとう まなぶ)議員、副議長に中根武彦(なかねたけひこ)さんに決定しました。

私の担当は、常任委員会に「文教経済委員会」、特別委員会に「ゼロカーボンシティ推進特別委員会」、各種委員会に「岡崎市国民健康保険運営議会委員」に所属が決まりました。

任期は残り3年です。引き続き、精一杯取り組んで参ります。

 

さて、岡崎市議会は12月定例会を11月30日~12月22日の期間で開会され、提出議案を慎重審議した結果、全議案可決成立しましたので、主な施策の要旨についてご報告いたします。また、一般質問は通算4度目となる登壇を行いましたので、こちらからご確認ください。

 

〇提出議案

議案36件(承認1件、その他10件、条例10件、予算11件、同意2件、諮問2件)

当初は12月17日閉会の予定でしたが、最終日に議案の追加提出に伴い、21日まで会期を延長することとなりました。

〇補正予算

一般会計補正予算:142億2,728万円

特別会計補正予算:10億6,453万円

企業会計補正予算:▲2億6,442万円

 


以下、主な施策の要旨についてご紹介いたします。

 

〇子育て世帯への臨時特別給付金について

新型コロナウイルス感染症の影響等を踏まえ、子育て世帯の生活を支援するため、給付金を支給します。

対象は、令和3年9月分の児童手当支給対象者となる児童令和3年9月30日時点で18歳以下の児童が対象で、1人につき10万円を支給します。

また、児童手当支給対象者は申請不要で12月27日に振込を予定しています。申請が必要となる対象者(16歳~18歳以下)は1月末までに申請書を郵送します。申請期限は令和4年3月31日を予定 しています。

(なお、この給付金については所得税及び個人住民税の課税対象になりません)

 

〇住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金について

新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中、様々な困難に直面している世帯の生活・暮らしを支援するために住民税非課税世帯に対する臨時特別給付金を給付します。

対象は、

①令和3年12月10日において、世帯全員の令和3年度分の住民税均等割が非課税である世帯

②新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変(非課税世帯同等まで収入が減少)したと認められる世帯。

支給額は1世帯当たり10万円になります。

また、②については、受付をR4年末までを予定しているそうです。

 

〇公の施設に係る指定管理者の指定について(おかざき自然体験の森)

指定管理者候補に「コニックス株式会社」が選考されました。

管理期間は、R4年4月1日~R9年3月31日までとなります。運営を民間委託されますので、民間事業者の優れた技術や知識及び発想により、今後の取組みが期待されますね。ちなみに、バーベキュー会場運営も予定してるそうです。乞うご期待です!

 

〇岡崎市くらがり渓谷レクリエーション施設条例の一部改正

くらがり渓谷の施設利用者の増加に伴い、行楽シーズンには度々渋滞が発生していることから、今回駐車場を有料化することで渋滞緩和に繋げることが目的となります。利用料金(1台1回500円)制を導入し、駐車場の使用料を指定管理者の収入とされることで、市民サービスの向上につながるものと期待します。

 

〇コンベンション施設整備

岡崎市のQURUWAプロジェクトにおいて、市による本事業のコンベンションホール再考による、当該事業の準備に関して支出した費用を支払います。

【経緯】令和2年10月にコンベンションホール再考を公約に掲げた新市長が当選。令和3年3月に事業者に事業凍結申し入れ。令和3年9月末までに市民のご意見を収集。令和3年12月末までに事業の方向性を決定する予定。

 

〇予防接種(新型コロンウイルスワクチン接種)

追加接種の実施について、令和3年9月22日に厚生労働省が開催した「第8回新型コロナウイルスワクチンの接種体制確保に係る自治体向け説明会」において、2回目接種を終了した方のうち、概ね8か月以上経過した方を対象に、3回目の追加接種を行う方針が示されたため、本市においても追加接種の体制を整える。

 

〇放課後対策施設整備

緑丘小学校区では、以前より既設の児童育成センターの利用希望者が定員を超過していると共に、今後も周辺の宅地分譲により利用ニーズの増加が見込まれる学区であるため、緑丘小学校の校舎増築工事に合わせて、校舎の一部に児童育成センターの整備を行います。

〇交通安全施設整備

令和3年6月28日千葉県八街市で起きた、下校途中の小学生の列にトラックが突っ込み男女5人が死傷する痛ましい事故が発生したことを受け、通学路緊急合同点検(学校・行政・地域・警察が参画)が行われました。その後、37小学校・97箇所の危険個所を抽出し、対策が必要と判断した箇所について外側線等の区画線およびグリーンラインの整備を進めて行きます。

 

〇奥殿学校線ほか3路線整備

今年度実施したボーリング調査において、想定地盤の相違が確認されました。これにより、擁壁築造に伴う切土面の崩壊が予測されたことから安全な施行が可能となる工法への変更に必要となる用地を取得します。

 

〇教育ネットワーク管理について

著作権法の改正により「授業目的公衆送信補償制度」が創設されました。本制度を利用することで、授業等で著作物を利用したデジタル教材を送信(配信)することで、オンライン授業が日常的に可能になります。また、授業参観や運動会等の様子を家庭にいる保護者に配信したりすることができるようになります。


記事のTOPに戻る

記事一覧を見る